バナーイメージシャクナゲ子供の家
NPO法人シャクナゲ・子供の家は、
「すべからく子供は守られて生くるべし」との思いから、
ひとりひとりの愛は心もとなくとも
互いの力をもちよって活動をしています。
“All children must live to be protected.” We, NPO Lali Guransu (Shakunage) Children's House,
act to support children by gathering our love, even though one person's love is small.
バナーイメージシャクナゲ子供の家
平成27年度(平成27年4月1日〜平成28年3月31日)
事業報告書 平成27年度は、4月25日の思いも寄らぬネパールの地震に始まり、皆様方にご心配を頂く年度明けとなりました。地震の被害は世界遺産の寺院が跡型もなく崩れさるという甚大なものでございました。私たちは、ネパールで運営する孤児院の子供たちの安否を気遣いましたが、お陰様で皆無事でございました。しかし、施設の囲い塀と祈りの家の倒壊、施設の壁の亀裂等の被災は免れず、子供たちは一時はテント暮らしを強いられておりました。メールで送信される子供たちの不安な眼差しに接する毎に、施設に平安な暮らしを取り戻したいと私たちは切望を致しました。そこで皆様のお力を賜わるべく9月19日にネパール震災復興支援チャリティー公演を尼崎ピッコオロシアターにて開催致しました。公演には600名もの方がお越し下さり、公演の収益は398,050円、また義援金としては369,060円を頂戴しこれらを合わせて震災復興資金として活用出来ることとなりました。3月末までに、尼崎東ロータリークラブにより施設の囲い塀が、また当法人により祈りの家の修復が叶いました。皆様のご支援に感謝を申し上げる次第でございます。最近子供たちの生活もやっと落ち着いて参り、学校生活も充実し進級試験では落第点を取る者もなく全員が進級(内、クラス2番2名、クラス3番2名)を致しました。尚、今後の復興計画工事については、ネパールの復興政策と物価の安定を見計らいながら、焦らずに進めて参る所存でございます。
さて、日本の子育て支援事業においては、年中を通し “子供の居場所つくり”を考える集い「ぼっこ(ひなたぼっこ)会」を開いて参りました。会を重ねていく内に、この会の活動の理念に“独りぼっちじゃないよ、一緒にひなたぼっこしよう”が定まり、3月に「ぼっこ会」を正式に発足するに至りました。今後は、西宮市立小学校の「放課後、子供の居場所つくり」の活動に参加すると共に、移動子供食堂を企画運営し、これらの活動を通して地域の子育てに貢献出来ればと願っております。当法人の発足の趣旨である「アジアの子供たちの健やかな成長」が叶いますよう、今後も微力を尽くして参りたいと存じます。
どうぞ今後ともお力添えを賜りますよう、宜しくお願い致します。
                                       平成28年6月吉日
                               特定非営利活動法人シャクナゲ・子供の家
                                         理事長 田中 裕子

NPO SHAKUNAGE CHILDREN'S HOUSE
Business Report ( 01.April.2015-31.March.2016)

We hope that you have been keeping well. First of all, we would like to thank you all for your support this year, andalso your concern at whether the Children's House was effected by the Great Earthquake in Nepal which happened on 25.April. 2015. The damage from the earthquake was so big that the world heritage temple collapsed without any trace. All the children and staff at the Sahara−Children's House were safe, however they had to sleep in tents for a while. This was due to the collapse of part of the fence and the prayer house and the cracks in the Children's House walls. Because we would like to get their usual lives back, we held a charity event for the revival of Nepal at the Piccoro Theatre in Amagasaki on 19. September. 600 people attended this event and we made a profit of \398050 and collected \369060 as donations. The fences have been fixed by Amagasaki Rotary Club and we have fixed the prayer house ( March 2016). Thanks to you the children have got their usual life back, little by little, and they all succeeded in reaching the next level at school this year. (2 girls were the second best and another 2 girls were the third best in the class.) We are now intending to make a careful recovery plan by considering the Nepalese national recovery and the economic stability.

We have held 'Bokko Kai' as the children's support project in Japan. We have thought about ' making a place where children can be themselves' through out the year. We established 'Bokko Kai ' in March which has the idea that ' You are not alone. Let's bask in the sun together.' We would like to contribute to raise children locally by joining an activity called ' Making a place where children can be themselves after school' in primary schools in Nishinomiya and also to plan a mobile kids cafeteria.

We are going to move forward steadily for all the children's healthy growth. We thank you for all of your kind support.
We thank you for all of your support.
                                         J     une 2016
                              NPO Shakunage chief director Yuko Tanaka

平成26年度(2014年) 活動詳細
image
バナーイメージシャクナゲ子供の家

ネパール震災復興支援チャリティー公演の報告

NPO法人シャクナゲ・子供の家発足15周年記念ネパール震災復興支援チャリティー公演 は、去る9月19日に無事終演致しました。昼・夜の部、合わせて578名の方がピッコロ大 ホールにお越し下さいました。当法人の活動を支えて下さる方々と、公演を通して楽しいひ と時を共に過ごすことができ、嬉しく思っております。
本公演の収益は、サハラ子供の家の被災箇所の修復に役立たせて頂く所存です。復興の道 のりは険しいものと思われますが、子供たちが安心して過ごせるように、一歩ずつ歩んで参 りたいと考えております。
掲載致しました写真は、舌切雀・カチカチ山の稽古場風景と、カチカチ山のピッコロ大ホールの舞台稽古の風景です。本公演に当たり、出演者並びにスタッフの方々には、私共のよ うな弱小NPOのチャリティーにも拘らず公演参加を快諾下さり、心より感謝致しております、みなさま本当にありがとうございました。
image
特定非営利活動法人 シャクナゲ・子供の家 TEL:0798 - 72 - 5876 FAX:0798 - 72- 5876